ソフトバンク・三協立山・日本アンテナ、5G基地局用「見えない看板アンテナ」を共同開発

5Gの普及に当たり、安定した高速通信を実現するために小さなサービスエリア(スモールセル)の構築が不可欠であり、その構築には、多数のアンテナの設置が必要となる。通常、スモールセルの構築で使用するアンテナは、建物の屋上や壁面に設置されており、設置場所や街の景観の制約などから増設は容易でない。そのため、以前より、街の景観を損なうことのない「見えない」アンテナの検討が行われてきた。

ソフトバンク株式会社、三協立山株式会社および日本アンテナ株式会社は、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などに、容易に設置可能な5G基地局用「見えない看板アンテナ」を共同開発した。

見えない看板アンテナは、アンテナモジュールが看板に内蔵されている。また、通常の看板は広告としての機能を優先させるため設置場所や設置方向で制約を受けるが、このアンテナは5G基地局用として電波の放射方向を柔軟かつ容易に設定できるという特長がある。また、通常の看板設置と同程度の工数で設置可能なため、低コストでスピーディーな基地局展開が期待されている。

同開発において、ソフトバンクは見えない看板アンテナを用いた5G基地局の運用を担い、三協立山は看板アセットの提供・活用、日本アンテナは看板内蔵アンテナの開発・製作を担当した。

Previous

応用地質、AIを活用してトンネルの点検業務を効率化するシステムを開発

中外製薬とNTTデータ、AI技術を活用した治験関連文書の作成効率化ソリューションの実証実験を完了

Next