羽田みらい開発・鹿島建設・マクニカ他2社、自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を開始

羽田空港に隣接した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」(以下、HICity)の開発を進める羽田みらい開発株式会社は、鹿島建設株式会社、ソフトバンク株式会社の子会社であるBOLDLY株式会社、株式会社マクニカおよび日本交通株式会社の協力の下、国土交通省からスマートシティのモデルプロジェクトに選定された「HICity」において、Navya製の自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を2020年9月18日から開始する。

羽田みらい開発は、自動運転車両の運行を遠隔地で管理・監視できるBOLDLYの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher」とNAVYA ARMAを活用して、構内移動の利便性を向上させるために構内循環バスを運行する。自律走行バスは毎日午前10時半から午後4時半まで定期的に巡回する予定で、HICityの来訪者であれば誰でも無料で乗車できる。車両のラッピングは、施設コンセプトである先端産業=青と文化産業=赤紫の融合をイメージしてデザインされている。

また、羽田みらい開発はPerceptIn Limitedが開発した自律走行低速電動カートを活用して、HICity内のイノベーションコリドーを往復する実証実験を実施する。さらに今後、場所や用途に合わせて車種の異なる複数の自動運転車両を安全かつ効率的に運行することを見据えて、遠隔地のオペレーターがNAVYA ARMAと自律走行低速電動カートをDispatcherで同時に運行管理する実証実験を実施する。
羽田みらい開発・鹿島建設・マクニカ他2社、自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を開始

羽田みらい開発・鹿島建設・マクニカ他2社、自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を開始

羽田みらい開発・鹿島建設・マクニカ他2社、自律走行バス「NAVYA ARMA」の定常運行を開始
なお、各社の役割は以下の通り。

  • 羽田みらい開発
  • NAVYA ARMAの運行主体、PerceptInの自律走行低速電動カートの運行実証主体

  • 鹿島建設
  • 空間情報データ連携基盤「3D K-Field」の提供

  • BOLDLY
  • Dispatcherの提供、遠隔監視者認定トレーニングの実施、NAVYA ARMAの設定(3Dマップの作成、車両のセットアップなど)、NAVYA ARMAの運転手の提供、運転手認定トレーニングの実施

  • マクニカ
  • NAVYA ARMAの輸入・販売およびメンテナンス、PerceptInの自律走行低速電動カートの設定・運行実証支援

  • 日本交通
  • Dispatcherを活用した車両の運行管理

Previous

マクニカ、AIの技術検証から運用開始までを実現する「Re:Alize.macnica.ai」を提供開始

i Smart Technologies、製造ライン遠隔モニタリングサービス「iXacs」の新製品体系を発表

Next