ホンダ、法人企業向け二輪車用コネクテッドサービス 「Honda FLEET MANAGEMENT」を開始

本田技研工業株式会社は、ビジネスシーンで活躍する二輪車に車載通信機を取り付けることで、業務運用上の各種動態管理を可能とする二輪車用コネクテッドサービス「Honda FLEET MANAGEMENT」を2020年10月1日に法人企業向けに開始する。

同サービスは、業務運用における二輪車の位置情報をはじめ、加速・減速などの運転状況、訪問地点や走行距離等を記録し日報を自動作成するほか、あらかじめ登録した地点への接近・到着を管理者にメールで通知する機能等を備えた二輪車用コネクテッドサービスである。

同サービスでは、株式会社スマートドライブの走行データを取得・蓄積・活用するプラットフォーム「Mobility Data Platform」が使われており、日常業務における二輪車の稼働状況をリアルタイムに把握し、業務用二輪車の位置情報、加速・減速等の運転状況、訪問地点や走行距離等の記録、日報の自動作成、予め登録した地点への接近・到着を管理者に知らせるメール通知機能などを備えている。

これらにより、取得・蓄積したデータをビジネスユース二輪車のより効率的な運用に活用できるほか、乗務員の安全運転啓発にも寄与する。

なお、同サービスの月額利用料金は、契約年数1年の場合では1台当たり2,200円(税込・通信費込)となり、2年では1,980円、3年では1,870円、4年では1,760円となる。

Previous

KDDIとローソン、位置情報や購買情報を活用し店舗状況や利用者のニーズに合わせた特典を配信する実証実験を実施

OKI・コニカミノルタ・丸紅、通行者の体表温度測定・マスク有無自動検知・顔認証を行うソリューションの試行運用を開始

Next