NTTドコモ九州・ANA・双日・五島市など、スマートアイランド推進実証調査業務に係る協定を締結

長崎県五島市ならびに五島市民電力株式会社、双日株式会社、ANAホールディングス株式会社、株式会社NTTドコモ九州支社、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科、公益財団法人ながさき地域政策研究所は、令和2年度 スマートアイランド推進実証調査業務(五島市)に係る協定を締結した。

今回、国土交通省のスマートアイランド実証調査事業の一環として、遠隔医療×ドローン物流による離島医療の利便性と不安定さの解消、LPWAを活用したスマート水道メーターによる検針作業の工数削減、および効率的な再生可能エネルギーの地産地消を目指す電力マネージメントシステムの導入調査、以上の3つの事業を実施する。

遠隔医療×ドローン物流による離島医療サービスの利便性と不安定さ解消

嵯峨島(66世帯107人)の出張診療所から住民がアバターロボットおよびタブレット端末を介して、福江島の医療機関を受診でき、ドローン等で検体および処方薬を島間輸送できる仕組みを実証的に構築する。

嵯峨島では週1回(水曜午後)福江島在住の医師が出張診療に訪れるが、悪天候時には医療が提供できない。このため医療提供頻度およびその確実性が高くない。このような環境下で、住民が二次離島に住みながらより安定的に遠隔で診療を受けられ、ドローンおよび船舶等で処方薬を受け取れる、非接触型の新しい形の離島医療モデルを実証的に実現し、社会実装のための課題を検証する。

同事業において、長崎大学離島医療研究所は地域診療所と連携し遠隔医療の実施、域内医療従事者の合意形成などを担当し、五島市に事務所を設置し、日頃から離島・へき地医療の課題解決に取り組む。ANAホールディングスは医薬品等の配送受付からドローン物流の運航管理全般と配送依頼システムの構築を担う。

また、NTTドコモ九州支社は空のLTE強度を見える化し、空のインフラであるエアウェイ策定をサポートするほか、遠隔医療およびドローン飛行における通信環境を提供する。さらに、協力事業者のavatarin株式会社が医師と患者間のコミュニケーションを円滑にするサポートツールとしてアバターロボット「newme」を提供する。

スマート水道メーター事業

水道メーター検針業務を自動検針に切り替え、人手をかけずデータを正確に収集することで、人件費等の費用の削減を図るとともに、漏水検知アラート、使用量監視による住民のみまもりサービスなど、新たな行政サービスに繋がるデータベースの確立と活用可能性を検証する。実証は、市内の公営住宅6棟(約80戸)を対象として行う予定だ。

同事業においては、双日および協力事業者の双日九州株式会社がスマートメーターの設置、LPWAによる水道使用量データの送受信など、実証業務の全般を担う。

エネルギーマネージメント事業

地域資源を利用した洋上風力発電等によるエネルギーの地産地消を目指し、エネルギーマネージメントシステム(EMS:Energy Management System)を使用した離島内におけるエネルギー需要の「見える化」を図り、平常時又は非常時における電力需要に対して適切な電力供給を行うための可能性について調査を行う。同事業においては、五島市民電力が市内におけるEMSの導入可能性調査における業務全般を担当する。

Previous

Amazonがスマートスピーカー「Amazon Echo」の新製品を発表、機械学習の高速化に対応するシリコン・モジュール等を搭載

東急不動産とソフトバンク、テクノロジーでリアルの場を守る「東京ポートシティ竹芝」開業

Next