ドコモ・富士通・NEC、マルチベンダーRANによる5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、富士通株式会社、日本電気株式会社(以下、NEC)は、5G通信規格の国際標準化団体O-RAN Alliance(以下、O-RAN)の仕様を用いた異なるベンダー間の5G基地局装置を相互接続したマルチベンダーRANによる、5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功した。

キャリアアグリゲーションに成功したのは3.7GHz帯と4.5GHz帯の5G周波数であり、LTE周波数帯も束ねて使用できるデュアルコネクティビティと合わせると、下り最大4.2Gbpsの高速データ通信が実現できるようになる。

なお、ドコモでは既にO-RANのオープンフロントホール仕様(5G基地局の親局・子局間をつなぐネットワークの仕様)を用いて、富士通とNECの5G基地局装置の親局と子局を接続するマルチベンダーRANにより5Gサービスを提供しているが、今回はそのシステム構成でさらに5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功した。

Previous

大和ハウス工業とNEC、施工現場のデジタル化に向けた遠隔管理の実証実験を開始

ドコモ、5Gを活用した映像伝送ソリューションの医療機関向けモニタープログラムを提供開始

Next