ソニー、Suica・Amazon Alexa対応の新型スマートウォッチ「wena 3」を発売

ソニー株式会社は、スマートウォッチ「wena」シリーズを2015年にクラウドファンディングで事業化し2016年に一般発売を開始している。

そして今般、交通系ICカード「Suica」・その他電子マネー機能やAmazonが提供する音声サービスAlexa、VO2 Maxの推定などが可能な活動ログ機能を搭載した、新型スマートウォッチ「wena 3」を2020年11月27日より発売する。

第三世代となるwena 3は、最薄部6.9mmの腕時計バックル部にスマートウォッチ機能を集約し、通知の閲覧やタッチ操作ができる大画面タッチディスプレイも搭載した。バックル部に機能が集約されているため、所有している腕時計のヘッド部はそのままでスマートウォッチにすることができる。

楽天EdyやiD、QUICPayなどの電子マネーだけでなく交通系ICカード「Suica」にも対応しているため、バックル部をかざすことで鉄道・バス、買い物などで利用できる。また、wena 3での残高確認やアプリでの利用履歴の確認もできる。なお、アプリではiOS/Android版ともにSuicaに対応している。

また、wena 3のボタンを押して話しかければ、今日の天気の確認や部屋の電源のオンオフなどAlexaの機能を使用できる。また、外出先からでもAlexaに話しかけることで、例えば帰宅するまでにエアコンをつけておく等、モバイル端末ならではの使い方も可能だ。加えて、バックル部のディスプレイを上下左右にスワイプすることで、通知やスケジュール、天気予報やアラームなど様々なアプリケーションへ簡単にアクセスできる。

さらに、デュアル光学式心拍センサーとソニー独自のアルゴリズムにより、歩数や消費カロリーに加えて最大酸素摂取量(VO2 Max)や4段階の眠りの深さ、ストレスレベルやエネルギー残量(Body Energy)をチェックすることができる。

そのほか、wena 3はスマートロック「Qrio Lock」と紛失防止機能「MAMORIO Inside」にも対応している。スマートフォンを取り出さなくてもwena 3 から簡単にQrio Lockの解施錠が可能だ。また、万が一wena 3 を紛失した場合でもMAMORIOの機能でwena 3の所在地を確認できる。ソニー、Suica・Amazon Alexa対応の新型スマートウォッチ「wena 3」を発売

今回、時計ヘッドや好みに合わせてバンドを選べるよう、高級感をイメージしたwena 3 metal(シルバーとプレミアムブラック)、カジュアルな印象のwena 3 leather(ブラウンとプレミアムブラック)、スポーティーに使いこなせるwena 3 rubberの3タイプを展開する。また、法人向けのwena 3モジュール(バックル部)と、wena 3に適したヘッド部を2種発売する。ソニー、Suica・Amazon Alexa対応の新型スマートウォッチ「wena 3」を発売

Previous

オムロン、センシング技術により対象物を安定的に検出するCMOSレーザーセンサー「E3AS-HL」を発売

IDC、AIに対する世界全体の支出額は4年間で2倍に増加し2024年には1100億ドルに達する見通しと発表

Next