オプテックス・N-STOUT・ハックスター、車両検知センサーや自動運転に対応した次世代の駐車場を共同開設

DX時代、駐車場もオンライン決済、遠隔での空き情報取得、時間帯や時期によって変動するダイナミックプライシングといったデジタルを活用した新たなサービス運営の流れが加速している。これらの変化に応えていくためには、最新テクノロジーの活用や各機器やサービスとの連携が重要である。

オプテックス株式会社、駐車場関連機器やサービスの提供を行う株式会社N-STOUT、駐車場の料金表示看板を手掛ける株式会社ハックスターの3社は共同で、横浜市内に実験的な駐車場を開設した。

横浜市内に開設したセンター南駅前駐車場は、利用者に最適な駐車場サービス、管理運営者の導入・運営コストの軽減や収益の最大化、自動運転への対応など各社最新の機器やサービスを設置・連携した駐車場である。また、今後発売される製品を早期に導入し、コインパーキングとしてのみならず実際の機器や動作を確認しながら体感できる場所として利用できる。詳しい特長は以下の通り。

  • 環境負荷低減
  • 時間貸し駐車場の多くはスクラップアンドビルトで、使用されている車両検知を行うループコイルは廃棄や地中に放置されている。同駐車場で採用しているポール一体型の車両検知センサーは、移設や再利用が可能なため資源を有効活用する。

  • 機器の簡単設置、簡単復元
  • 車両検知センサーは地面を掘削せずに設置できるため、施工も復元も容易に実現する。また、ループコイルを埋設するためのカッター跡も残らずに設置が可能だ。

  • スピーディーな決済の実現
  • スマートフォンアプリとコインパーキング精算機の連動によるキャッシュレス精算ができる。硬貨を取り出したり、おつりを受け取る時間が省略されドライバーにはスピーディーな決済を、管理者には代金回収などの業務簡略化を実現する。

  • 駐車料金の最適化
  • ダイナミックプライシングシステムを採用し、立地に合わせた料金変更をタイムリーに遠隔で行うことができる。利用料金や利用条件などわかりやすい表示により、表示に関するトラブルや誤認を防ぎ利便性を向上する。

  • 利用状況の見える化
  • 車両検知センサーと満空表示灯を連動させるとともに、駐車場の満空情報をカーナビアプリへ配信し、駐車場利用者の利便性向上につながる。

オプテックス・N-STOUT・ハックスター、車両検知センサーや自動運転に対応した次世代の駐車場を共同開設

Previous

コネクシオとノキア、動画解析AIによる異常検知ソフトウェア「SpaceTime scene analytics」の販売で業務提携

富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始

Next