ゼンリン、AI自動配車と住宅地図データを活用して運送・配送業務の効率化を支援するサービスを提供開始

株式会社ゼンリンと株式会社ゼンリンデータコムは、運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRIN ロジスティクスサービス」の提供を開始する。

同サービスは、AIによる配車計画から、ゼンリンの住宅地図データを活用したルート案内、業務進捗の管理・分析までを一気通貫でサポートするサービスである。位置情報とAIを組み合わせて様々な条件を加味した最適な配車計画を自動作成する。これにより、専門的なノウハウがなくても誰でも簡単にコストを意識した効率的な配車計画を実現する。

また、ゼンリンの住宅地図データをベースに、ドアtoドアの案内や大型車両規制を考慮したルート検索などラストワンマイルにおけるドライバーの負担軽減を実現する。

さらに、リアルタイムな走行・配送状況の管理から、走行実績による日報作成のオートメーション化により、管理者側とドライバー双方の業務改善を支援する。

同サービスにより、物流量の増加や業務の平準化など、世の中の動向やニーズに合わせた物流業界の課題解決に貢献する。

Previous

コネクシオ、製造業向けワンストップIoTソリューション「Smart Ready IoTソリューションセット」4種を販売開始

NEC、顧客が保有するデータの補完・拡張をAIで支援する「NEC Data Enrichment」サービスを提供開始

Next