都産技研、ローカル5G・ロボット・IoT技術を総合的に支援する「DX推進センター」をオープン

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)は、2020年11月2日に「DX推進センター」をテレコムセンタービル内(江東区青海)にオープンする。併せて、DX推進センター3箇所にローカル5G基地局を整備した。

DX推進センターでは、中小企業によるローカル5G、ロボット、IoTなどの活用支援を総合的に推進するため、各分野の支援を連携させて事業を実施していく。今後、ロボットやIoT技術などに5Gの機能を付与した活用事例の創出や、5G仕様デバイスなどの開発製品の性能評価などにも対応する。

具体的には、整備したローカル5G基地局を活用して5Gに関連する製品の社会実装や5G技術の普及啓発を支援する。また、案内支援・点検支援・産業支援・介護支援の4つの分野で「サービスロボットの事業化」を目指す中小企業を支援するほか、中小企業のIoT活用による生産性の向上や業務の効率化、およびIoT関連製品の開発や新たなサービスの提供によるビジネス創出を支援する。

Previous

NECとRealeyes、感情を分析しビデオコミュニケーションを支援するサービスを共同開発

オプテックス、自動ドアの利用状況を遠隔モニタリングする自動ドアデータプラットフォームを提供開始

Next