小田急電鉄とセコム、「BOCCO」を活用したコミュニケーションサービスの実証実験を開始

小田急電鉄株式会社とセコム株式会社は、小田急沿線における安全、安心な生活をサポートするサービスの実現を目指し、2020年4月に合意した業務提携に基づき、同年11月2日より小田急沿線に住んでいる人を対象に、コミュニケーションロボット「BOCCO」を活用したサービスに関する実証実験ならびにモニターの募集を開始する。

小田急電鉄とセコム、「BOCCO」を活用したコミュニケーションサービスの実証実験を開始
ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」

「BOCCO」は、ユカイ工学が制作したコミュニケーションロボットだ。専用のスマートフォンアプリからテキストか音声でメッセージを入力すると、家にあるロボットが再生したり、またロボット側から録音をすると、スマートフォンアプリでメッセージの確認ができるなど、家族でのコミュニケーション等で活用されている。

同実証実験では、小田急沿線地域の独居・老老世帯の高齢者や共働き世帯の子どもに、「BOCCO」を活用したコミュニケーションを提供することで、利用者とその家族の暮らしやすさ、安心感にどのような効果をもたらすのかなどを検証する。

内容としては、利用者に対して「セコム暮らしのパートナー久我山」のスタッフが「BOCCO」を介して定期的な挨拶や状況に合わせた声がけなどを実施。また小田急沿線の関係自治体と連携した地域情報や、沿線観光情報、小田急グループに関する情報なども発信するというものだ。

同実証実験のモニターは30世帯を予定しており、11月2日~30日にかけて募集を行い、実験は12月より3ヵ月間実施する。実証項目としては利用者の実証実験に対する興味・関心度合の確認、利用者が求めるニーズ(機能・情報等)の確認、情報発信に対する利用者の反応の確認を行う。

Previous

NEC、六本木商店街で混雑状況や消費行動を分析・可視化する実証実験を開始

ノジマとNTT東日本、IoTセンサーを活用した安心・安全な店舗運営に向けたテストマーケティングを実施

Next