Wi-SUN Allianceが公益事業、市政機関向けにAdopter会員カテゴリーを新設

【モーガンヒル(米カリフォルニア州)2015年6月22日PRN=共同通信JBN】
*新規の会員カテゴリーは公益事業展開を迅速化、円滑化を加速するための道を開く

Wi- SUN(TM) Allianceは22日、会員カテゴリーにAdopterを新設すると発表した。この新規カテゴリーは、公益事業および市政機関がスマートグリッドやスマートシティーの必要性の高まりに応える際に、一連のWi-SUNソリューションを展開することを容易にし、コスト効率を向上させるために特に新設された。認定済みWi-SUN製品をソリューションの中に組み込むことを望むシステムインテグレーターや製品ベンダーにとっても恩恵がある。

世界に80社以上のメンバー企業を擁するWi-SUN Allianceは、IEEE 802.15.4および関連のオープン世界標準に基づく相互運用可能なソリューションの世界的な採用実現によって、スマートグリッド、スマートシティーの実現を促進させることに注力している。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「Wi-SUN Allianceは強力なテストおよび認定プログラムを開発し、スマートユーティリティー、スマートシティー、関連のインターネット・オブ・シングス(IoT)市場向けに相互運用可能な製品を提供することに注力している。会員資格に新規のカテゴリーを設けることによって、公共事業と市政機関はWi-SUNソリューション・セットをすでにサポートしている多くの組織と連携し、製品およびプログラムを活用することが容易になる」と語った。

Adopterメンバーの特典
*最終的な認定Wi-SUNプロファイル仕様および関連テスト仕様へのアクセス
*目標とするWi-SUN Alliance相互運用性イベントへの参加
*アライアンスのワークショップおよび開発者会議への参加
*プロモーションを推進するマテリアルへのWi-SUN Allianceロゴ使用を許可
*Wi-SUN Allianceマーケティング・カタログおよび電子ニュースレターへのアクセス
*世界クラスのメンバー・エコシステムへのアクセス

Wi-SUN Allianceメンバーは、高性能なフィールドエリアネットワーク(FAN)能力が必要とされる高度メータリングインフラストラクチャー(AMI)、配電自動化(DA)、スマートシティー、インフラストラクチャー管理、高度道路交通システム(ITS)、IoTなどのアプリケーションに役立つオープン世界標準に基づき、ソリューション開発と認定プログラムに専念する。

新規のAdopterメンバー・レベルに加え、Wi-SUN Allianceは次の3つの会員資格レベルを提供している。
*Promoter:仕様開発に貢献し、すべてのワーキンググループ・セッションへのアクセスと理事会に1つの席を有する
*Contributor:仕様開発に貢献し、すべてのワーキンググループ・セッションに参加できる
*Observer:このカテゴリーはテスト・ラボや認定機関にとって最適である。仕様開発に参加できるが、製品に関する投票権や認定権はない

詳細はウェブサイトhttp://www.wi-sun.orgを参照。

 

【Wi-SUN Allianceについて】

Wi-SUN Allianceは非営利の会員制業界組織であり、フィールエリアネットワーク(FAN)に対するIEEE 802.15.4g標準に基づく相互運用無線ソリューションの世界的浸透に奉仕する業界有力企業で構成される。Wi-SUN Allianceへの入会は、インテリジェント街路照明、駐車場システム向けAdvanced Meter Infrastructure(AMI)、スマートシティー・ネットワークの採用を加速することに関心のあるすべての業界利害関係者にオープンである。Wi-SUN CERTIFIED(TM)マークを掲げる製品は、多数のサプライヤー提供の認証製品が相互運用可能であり、IEEE 802.15.4g規格を順守しているという信頼性を公益事業や市政機関に与える。詳しい情報はhttp://www.wi-sun.orgから入手できる。

Wi-SUN AllianceおよびWi-SUN AllianceロゴはWi-SUN Allianceの商標である。

 

【お問合せ先】

North America
Shannon Mayette
media@wi-sun.org
+1 (602) 882-4733

 

ソース:Wi-SUN Alliance

 

 

Wi-SUN Alliance Announces New Adopter Member Category for Utilities and Municipalities

PR60927

MORGAN HILL, California, June 22, 2015 /PRN=KYODO JBN/ –

– New member category paves the way for faster, smoother utility deployments

The Wi-SUN(TM) Alliance today announced a new adopter class of membership.
This new category was created specifically to make it easier and more cost
effective for utilities and municipalities to deploy the Wi-SUN solution set to
meet their growing SmartGrid and Smart City needs. System integrators and
product vendors wishing to integrate already certified Wi-SUN products into
their solutions will also benefit.

With more than 80 member companies worldwide, the Wi-SUN Alliance is focused on
accelerating the implementation of a smarter grid and smarter cities by
enabling the global adoption of interoperable solutions based on the IEEE
802.15.4 and related open global standards.

“The Wi-SUN Alliance is focused on developing a strong test and certification
program to deliver interoperable products for the Smart Utility, Smart City and
related Internet of Things (IoT) markets,” said Phil Beecher, chairman, Wi-SUN
Alliance. “This new class of membership will make it easier for utilities and
municipalities to join the many other organizations already supporting the
Wi-SUN solutions set and take advantage of these products and programs.”

Adopter Member Benefits:

– Access to final, approved Wi-SUN profile specifications and associated
test specifications
– Admission to targeted Wi-SUN Alliance interoperability events
– Participation in alliance workshops and developers’ conferences
– Approved use of Wi-SUN Alliance logo on promotional materials
– Access to Wi-SUN Alliance marketing collateral and e-newsletter
– Access to a world-class ecosystem of members

Wi-SUN Alliance Members are focused on creating solutions and certification
programs, based on open global standards, which serve applications such as:
Advanced Metering Infrastructure (AMI), Distribution Automation (DA), Smart
Cities, Infrastructure Management, Intelligent Transportation Systems (ITS),
and IoT in general where high performance Field Area Networking (FAN)
capability is required.

In addition to the new Adopter member level, the Wi-SUN Alliance offers three
other membership levels:

– Promoters: Contribute to the development of specifications, have access
to general working group sessions, and a seat on the Board of Directors.
– Contributors: Contribute to the development of specifications, and have
access to general working group sessions.
– Observers: This category is appropriate for Test Labs and Certification
Bodies who may participate during the development of specifications, but
may not vote and cannot certify products.

Additional details can be found online at http://www.wi-sun.org

 

【About the Wi-SUN Alliance】

The Wi-SUN Alliance is a non-profit member-based association consisting of
industry leading companies devoted to the global proliferation of interoperable
wireless solutions based on the IEEE 802.15.4g standard for Field Area Networks
(FAN). Membership in the Wi-SUN Alliance is open to all industry stakeholders
interested in accelerating the adoption of a complete interoperability
specification for use in Smart Utility Networks for Advanced Meter
Infrastructure (AMI) and Smart City networks for intelligent street lighting
and parking systems. Products bearing the Wi-SUN CERTIFIED(TM) mark provide
utilities and municipalities with confidence that certified products from
multiple suppliers are interoperable and conform to the IEEE 802.15.4g
standard. More information can be obtained at http://www.wi-sun.org .

Wi-SUN Alliance and the Wi-SUN Alliance logo are trademarks of the Wi-SUN
Alliance.

 

【Contacts】

North America
Shannon Mayette
media@wi-sun.org
+1 (602) 882-4733

SOURCE: Wi-SUN Alliance

Previous

みずほ銀行 ウェアラブルデバイスを活用した本格的な銀行サービス提供開始

【スマートホーム事例】三菱電機ENEDIA

Next