ブリヂストン、タイヤの内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール「Tirematics」を活用したサービスを提供開始

株式会社ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社は、日本国内のトラック・バス事業者向けにタイヤの内圧を遠隔モニタリングするツール「Tirematics」を活用したデジタルソリューションサービスの提供を開始した。

同サービスは、クラウドを通じてトラック・バス事業者様の運行管理者等とタイヤの内圧情報を共有するモニタリングツールで、あらかじめホイールにセットされた専用の内圧警報装置(Tire Pressure Monitoring System)が、内圧情報を定期的に計測し、異常があれば運行管理者等へアラートメールを届ける仕組みである。

これにより、タイヤ起因のトラブルの未然防止を図り、車両稼働の最大化につなげると共に、トラック・バス事業者のタイヤメンテナンスに関する整備の軽労働化や経済性向上にも貢献する。また、タイヤを適正に使用することで、資源生産性や資源循環の向上、CO2排出量の削減などにもつながるとした。

また、タイヤ情報を管理するデジタルプラットフォーム「Toolbox」と連動して運用することで、利用者のタイヤデータを一元管理し、タイヤライフサイクル全体におけるタイヤ情報の管理・分析も可能となる。

Previous

KDDIと東京大学、ポスト5G時代の通信インフラの省電力化やAI主導の運用技術の研究が経済産業省・NEDOに採択

NTTデータ、小型レーダー衛星の撮影データと画像解析技術を活用した「全天候型地図情報提供サービス」の提供を開始

Next