JCB、スマートシティに関するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画

昨今、急速なデジタル化が進展するとともに、コロナ禍で人々の暮らしが変容している。Society 5.0(※)の実現により、地域や年齢等の格差なく、個々の多様なニーズへきめ細やかに対応したサービスを提供し、経済発展や社会的課題の解決に繋げていくことが求められている。

株式会社ジェーシービー(以下、JCB)は、Scrum Ventures LLC(以下、スクラムベンチャーズ)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「SmartCityX」に参画することを発表した。

SmartCityXは、大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点ではなく生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを創出するグローバル・オープンイノベーション・プログラムである。

※1 Society5.0:内閣府の第5期科学技術基本計画において、日本が目指すべき未来社会の姿として提唱された。サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会課題の解決を両立する、人間中心の社会を目指す。