NTTPCとNSW、AIを用いた動作解析ソリューションを共同開発

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)と日本システムウエア株式会社(以下、NSW)は、製造・物流分野等におけるDX推進に向けて、AIを用いた動作解析ソリューションを共同開発した。

同ソリューションは、NTTPCが提供する動作解析AIサービス「AnyMotion」で培ったノウハウと、NSWが保有するアプリケーション開発技術を組み合わせて開発された。AnyMotionは、静止画や動画から人物の関節点をAIで推定、解析を行うことで様々な身体動作を可視化・定量化するサービスである。

今後両社は、同ソリューションを以下の分野に対し導入を進めるとしている。

  • 製造分野
  • 熟練作業員の作業を解析し、解析結果に基づき、若手作業員の指導や評価を効果的に行う。熟練作業員の卓越したノウハウをデータ化し、人材育成に活用する。

  • 物流分野
  • 運搬作業時の動作を解析し、適切な動作や改善ポイントの指導を行うことで、作業者の安全性や作業品質の向上を図る。

  • スポーツ・ヘルスケア分野
  • スポーツ分野では上級者のフォームを解析したデータと、自身のフォームを解析したデータを比較することで、フォームの改善指導を効果的に行う。ヘルスケア分野では姿勢の正しさや身体の可動域などを定量的なデータで表し、客観的に評価を行う。

なお、同ソリューションを体験できるデモ用のアプリケーションが用意されている。

Previous

IDC、COVID-19により2021年のIT支出は大都市圏ではプラスに回復するがそれ以外の地域では抑制傾向が長期化すると予測

広島電鉄とNECがデジタルチケットサービス「MOBIRY」の機能を拡充、経路検索機能追加や新たな交通モードと連携可能に

Next