NECネッツエスアイ・ソニー・北九州市、省電力・長距離無線通信技術を活用した児童見守りサービスの実証実験を開始

北九州市が国家戦略特区制度を活用して開設した「北九州高度産業技術ワンストップサポートセンター」では、社会課題の解決や新規ビジネスの創出を目指して、IoT等の先端技術を活用した実証実験の支援を行っている。

同市は平成29年度にソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するLPWA(※1)通信規格「ELTRES(※2)」の通信実証実験の支援を行い、現在、市内広域で通信が可能となっている。

このほど、NECネッツエスアイ株式会社のDXブランド「Symphonict」の児童見守りサービスと、ELTRESを活用した実証実験を2021年2月1日~3月19日まで実施する。同実証実験では、北九州市立八幡小学校1、2学年希望者(42名)を対象に、GPS端末とスマートフォンを活用した児童見守りサービスを検証する。

※1 LPWA(Low Power Wide Area):消費電力を抑えつつ、広範囲をカバーする無線通信技術。
※2 ELTRES:ソニー独自のLPWA通信規格。ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が「ELTRES IoTネットワークサービス」として国内に提供。

Previous

DIC、容易に設置・移設可能なやわらかIoT環境無線センサー「ハッテトッテ」の受注を開始

ENEOS・ZMP・エニキャリ、自動宅配ロボットによる複数店舗からのデリバリー実証実験を開始

Next