ABEJA経営顧問に元インテル株式会社 取締役 兼 副社長執行役員の宗像義恵氏が就任

人工知能を用いたイノベーション創出に世界中が挑む中で、 ABEJAはディープラーニングというコアテクノロジーを武器に、市場と向き合い小売業を中心とするクライアントに価値提供を行う企業だ。

4/1より、ABEJAに、元インテル株式会社 取締役 兼 副社長執行役員の宗像義恵(むなかた よしえ)氏が、経営顧問として就任した。

宗像氏は、インテル株式会社において技術支援やマーケティング活動を統括されていた。

【宗像義恵(むなかたよしえ)氏 略歴】
1981年、 東京都立大学工学部卒業。 1983年、インテルジャパン株式会社(現インテル株式会社)に入社し、管理本部情報 システム部に配属。 1992年よりマーケティング本部マーケティング・マネージャーとして製品マーケティングやマーケティング・プログラムを担当。ソフトウェア技術部長、プラットフォーム技術マーケティング部長、組込型半導体製品マーケティング部長、戦略マーケティング部長なども歴任する。

その後、コミュ ニケーション製品事業本部長、 社長室長経営企画担当、事業開発本部長などを歴任。2009年4月より取締役副社長に就任。 2016年3月末に、インテル株式会社 取締役 兼 副社長執行役員を退任し、同年4月1日より、株式会社ABEJA経営顧問に就任。

Previous

ソフトバンク、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」を提供

コマツ、国交省「i-Construction」に対応のICTブルドーザー5機種・ICT油圧ショベル1機種を国内市場で販売開始

Next