ウイングアーク1stとエイトレッド、ドキュメント管理ソリューション「SPA」とワークフローシステム「AgileWorks」を連携

ウイングアーク1st株式会社と株式会社エイトレッドは、ドキュメント管理ソリューション「SPA」とワークフローシステム「AgileWorks」を連携させるためのアダプター「SPA Cloud Adapter for AgileWorks」を2021年3月22日から、「SPA Adapter for AgileWorks」を同年3月31日から、ウイングアーク1stより提供開始する。

今回、申請・承認業務の効率化に特化してペーパーレス化を実現するワークフローシステムのAgileWorksと、文書の保管から記録文書のライフサイクル・証跡管理に強みを持つドキュメント管理ソリューションのSPAを連携させ、申請時の属性情報と合わせて文書を電子的に一元管理する。

具体的には、AgileWorksに同アダプターをセットアップすることで、ノーコードでSPAと連携することができる。AgileWorksの申請情報や添付ファイルはSPAに保管することができ、その文書を参照することもできる。保管した文書は適切にアクセス管理され、管理に必要なユーザーやグループの情報はSPAと連携される。

また、ワークフロー申請ナンバーをSPAと会計システムに持たせることにより、電子帳簿保存法で求められる「帳簿との相互関連性」を実現するという。さらに、SPA及びSPA Cloud両製品からの連携が可能だ。

SPAとAgileWorksを連携することで、企業における電子化と税務調査・各種監査対応の簡易化、電子帳簿保存法対策および参照業務の効率化を促進するとしている。