ソニー、家族向けの見守りサービス「amue link」の端末・アプリ・通信サービスを3年間利用できるパッケージ商品の予約開始

ソニーマーケティング株式会社は、家族向けの見守りサービス「amue link」のコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリ、通信サービスをセットで3年間利用できるパッケージ商品を、ソニーストアオンラインおよび全国5か所のソニーストアの店舗にて予約受付を開始した。

amue linkは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する、小型のコミュニケーション通信端末であるLM-01と専用アプリをつなぐみまもりサービスである。

子どもがLM-01を持ち歩くと、親は端末から発信される情報をスマートフォンの専用アプリで確認できる。GPSに対応し、各種センサーからのデータを組み合わせ、AIを用いて移動手段の検知ができるため、一般的な位置情報に加えて「バスと徒歩で移動していた」といった行動履歴も把握することができる。

また、端末のマイクを通じて、ボイスメッセージ機能を使用した双方向のコミュニケーションをいつでも取ることができる。独自の低消費電力技術により、電池が最大5日間持続することができる。

同パッケージの販売価格は、一括購入の場合は42,900円(税抜)、分割購入では月々1,300円(税込)×36回払いとなっている。

【関連記事】
ソニー、AIで移動手段が検知できる見守りサービス「amue link」を提供開始

Previous

パナソニック、「現場マルチネットワークサービス」の提供を開始

大崎電気とアシオット、OCRデバイスにより各メーターを一括管理できる「スマートビルディングシステム」の共同開発を開始

Next