パナソニックとクマヒラ、顔認証技術を活用した鍵管理サービスの事業共創を開始

近年、オフィス・ビルにおいて電気錠・ICカードやスマートロック、生体認証などの普及によるキーレス化が進む一方で、非常時の対応用としては従来のシリンダー鍵などの物理的な鍵が使用され続けている。また、コストや利便性の点からキーレス化に適さない鍵も多く存在し、鍵の厳正な管理が求められている。

株式会社クマヒラの鍵管理システムは、鍵管理台帳をもとに行っていた鍵の「保管」、使用者の「制限」、取り出しと返却の「記録」といった管理業務の手作業を、鍵管理機で自動化することにより管理の正確性と効率性を高めている。

しかし、本人照合時間の短縮化および本人確認の厳正化、また「鍵の保管」・「利用者の制限」・「履歴の記録」といった管理の無人化が喫緊の課題となっていた。

このほど、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、パナソニック)とクマヒラは、パナソニックの顔認証APIサービスを活用し、シリンダー鍵などの物理的な鍵の管理を非接触かつストレスフリーな顔認証で実現する、顔認証・鍵管理サービスの事業化に向けて開発、製造、販売を共同で推進・開始することを発表した。
パナソニックとクマヒラ、顔認証技術を活用した鍵管理サービスの事業共創を開始

パナソニックとクマヒラ、顔認証技術を活用した鍵管理サービスの事業共創を開始