IoT NEWS

富士通、ブラウザのみでオンライン接客を実現する「Finplex eXcloser」を提供開始

人々の働き方や生活様式がデジタル化により大きく変化し、また新型コロナウイルス感染症が拡大する中、対面コミュニケーションの機会があらゆる場面で減少している。

このような環境変化に伴い、これまで対面中心に提案活動やライフコンサルティングを行ってきた金融機関の営業職員は、利用者との面談時間の確保が難しくなり、電話では資料共有ができず利用者の反応が掴みにくいなど非対面での接客に限界があり、大きな課題となっている。

また、昨今、急速に普及が進むオンライン会議やコミュニケーションツールは、事前にアプリケーションのインストールや会員登録などの手続きが必要なため、普段使い慣れていない人にとっては煩雑で、敬遠される傾向がある。

富士通株式会社は、ブラウザのみでオンラインコミュニケーションを可能にし、非対面で商品説明や契約確認などが行えるサービス「FUJITSU Finplex オンライン接客サービス eXcloser」を開発し、主に金融機関に向けて提供を開始した。

同サービスは、PCやタブレット、スマートフォンなどのブラウザから簡単に接続してコミュニケーションを開始できる。サービスホーム画面からメールアドレスまたは電話番号を入力すると、その都度個別のURLが発行される。

他にもアクセスコードを入力する、QRコードを読み込むといった方法でブラウザからサービスに接続することで、コミュニケーションのための画面が開き、誰でも簡単に利用できる。利用者は利用者登録などが不要で、その都度異なるURLやアクセスコードが発行されるため、セキュリティ環境も整っている。

コミュニケーションは音声通話やビデオ通話が可能だ。また、リアルタイムにPDF資料を共有し、画面上の資料への相互書き込みやページめくりもできる。これにより、利用者の疑問や関心事に応じて適宜補足をしながら提案ができるなど、対面コミュニケーションとより近い感覚で利用できる。書き込んだPDFはダウンロードして後から見返すことができる。

なお、同サービスは、富士通がWebブラウザを介したビデオ通話技術をもつWaagu, Inc.のリモートコミュニケーションサービス「Loookit」を組み込み、サポートを含めたトータルサービスとして提供される。

今後富士通は、利用者の操作を営業職員やライフコンサルタントが画面上から遠隔サポートする機能や、契約手続きまでをオンラインで完結できる機能などを開発し、同サービスに組み込む予定だという。

また、2023年度末までに同サービスで売上10億円を目指すとしている。

プレスリリース提供:富士通