IoT NEWS

出光興産とアクセンチュア、燃料輸送の業務変革に向けて輸送管理プラットフォームを運用開始

出光興産株式会社とアクセンチュア株式会社は、燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを新たに構築し、運用を開始した。

同プラットフォームは、燃料油の陸上輸送に関して、出光興産、運送会社、全国約6,400カ所のサービスステーションなどにまたがる受注から荷卸しまでのあらゆるデータを、クラウド上でリアルタイムに一元管理し、分析することができる。

蓄積されるデータには、配車計画や関係者との連携状況、サービスステーションへの配送状況、荷積・荷卸実績のほか、タンクローリー約900台に搭載されたタブレット端末からリアルタイムに収集される車両の位置情報、作業状況などが含まれる。

これにより出光興産は、輸送状況の可視化や受注・配送業務のデジタル化だけでなく、データに基づいた最適な配車計画の策定など、これまで難しかったリアルタイムなデータに基づく輸送計画の精緻化、および輸送オペレーションの効率化を図ることが可能になった。

さらに、配送経路の最適化は、二酸化炭素の排出削減にもつながる。また、出光興産だけでなく燃料油物流に関わるすべての関係者が、瞬時に必要な情報へアクセスしたり、よりきめ細やかに情報を共有したりすることが可能になることから、関係者との連携・協働を推進し、出光興産と物流関係者双方の課題解決に貢献する。

このほか、タンクローリーに搭載されたタブレット端末には、乗務員が直感的な操作で業務内容や注意事項の確認、輸送状況の報告などを行うことができるアプリがインストールされているため、これまで以上に安全かつ効率的な輸送業務が実現できるとしている。

出光興産とアクセンチュア、燃料輸送の業務変革に向けて輸送管理プラットフォームを運用開始
タンクローリー乗務員用のアプリの画面