IoT NEWS

NTT東日本、Microsoft Teamsでオフィスの電話が発着信可能なサービス「ひかりクラウド電話 for Microsoft Teams」を提供開始

昨今のニューノーマルな働き方の浸透に伴い、東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)では、地域の企業からテレワークの導入に向けて「オフィスにかかってくる電話の着信をテレワーク先や外出先で受けたい」「スマートフォンやパソコンなどのテレワーク端末からオフィスの電話番号で発信したい」といったテレワークにおける取引先等とのコミュニケーションに関する相談や、不便さを解消したいという要望が増えていた。

このほど、NTT東日本は、テレワークにおける取引先等との円滑なコミュニケーションを実現するサービス「ひかりクラウド電話for Microsoft Teams」を2021年4月26日より提供開始する。なお、提供エリアは首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)となっている。

同サービスは、マイクロソフトが提供するチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」にてオフィスの電話番号の発信・着信が可能となるため、着信に対応するために出社する必要がなくなる。また、Microsoft Teamsにて電話をかけると、相手先にオフィスで契約している番号が通知されるため、従業員の個人的な電話番号の漏洩を防ぐことができる。
NTT東日本、Microsoft Teamsでオフィスの電話が発着信可能なサービス「ひかりクラウド電話 for Microsoft Teams」を提供開始
さらに、日々の業務に利用される電話やチャット、WEB会議、ファイル共有などの多様なコミュニケーション手段をMicrosoft Teamsを導入したパソコンやスマートフォンに統合することができる。

同サービスを利用することにより業務用携帯電話が不要となり、コスト軽減につながる。また、オフィスへの着信をどこでも受けられるため、BCP(事業継続計画)対策に役立つ。

なお、同サービスの月額利用料は1番号あたり1,430円となっており、初期費用や各オプションの料金は以下のようになっている。
NTT東日本、Microsoft Teamsでオフィスの電話が発着信可能なサービス「ひかりクラウド電話 for Microsoft Teams」を提供開始

NTT東日本、Microsoft Teamsでオフィスの電話が発着信可能なサービス「ひかりクラウド電話 for Microsoft Teams」を提供開始
加えて、同サービスを利用する際は、マイクロソフトがMicrosoft Teams向けに提供している「Phone System(電話システム)」または「Microsoft 365 Business Voice」と、それらを付与可能な「Office 365またはMicrosoft 365」ライセンスが必要となる。