ソラコムのIoTプラットフォーム「SORACOM」、KDDI auネットワークで5G(NSA)/4G LTEが利用できるデータ通信契約「planX2」を提供開始

株式会社ソラコムは、IoTプラットフォーム「SORACOM」において、KDDI auネットワークで5G(NSA)/4G LTEが利用できるデータ通信契約「planX2」の提供を開始した。

planX2の利用に際しては、1枚のSORACOM IoT SIMに複数の通信契約(サブスクリプション:回線契約情報)を追加できる「サブスクリプションコンテナ」機能を利用する。

ユーザーは新規で購入、もしくはすでに保持しているSORACOM IoT SIMでplanX2を利用できる。SORACOMユーザーコンソール画面もしくはAPIから操作し、1回線単位でサブスクリプションを追加可能だ。サブスクリプションコンテナでは、セルラー通信経由で遠隔からSIMの設定をセキュアに書き換える技術であるOTA(Over The Air)を用いる。

ソラコムのIoTプラットフォーム「SORACOM」、KDDI auネットワークで5G(NSA)/4G LTEが利用できるデータ通信契約「planX2」を提供開始
SORACOMユーザーコンソール(グローバルカバレッジ)から、「サブスクリプション追加」を選択
ソラコムのIoTプラットフォーム「SORACOM」、KDDI auネットワークで5G(NSA)/4G LTEが利用できるデータ通信契約「planX2」を提供開始
「planX2」を追加
なお、同サービスの利用料金として、初期費用はSORACOM IoT SIMのカード型が5.5USD、チップ型が6.6USD(税込)となっており、サブスクリプション追加費用が1サブスクリプションあたり3USDとなっている。

また、基本料金は0.06USD/日(plan01s)、サブスクリプション利用料金が1.8USD/月(planX2)、データ通信料金が1MBあたり0.01USD、IoTデバイスへのSMS送信料が0.005USD/通、IoTデバイスからのSMS送信料が0.4USD/通となっている。

【関連記事】
SORACOM IoT SIMの新機能、「サブスクリプションコンテナ」とは -SORACOM Discovery 2020レポート②