IoT NEWS

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けデータベースGridDBのマネージドサービス「GridDB Cloud」の販売開始

高い性能や安全性が求められるデータベースは、これまでオンプレミスに置くことが好まれてきた。

しかしデジタルトランスフォーメーションの流れとともに、クラウドネイティブなアプリケーションが一気に増え、データベースもクラウド上で使うケースが多くみられるようになった。

また、アジャイルな開発が当たり前になり、データベースもすぐに簡単に使えるマネージドサービスが求められるようになってきた。

そこで東芝デジタルソリューションズ株式会社は、高頻度で大量に発生するIoTデータやビッグデータの管理に適したデータベース「GridDB」を、パブリッククラウド上のマネージドサービスとして提供する「GridDB Cloud」の販売を、本日2021年4月6日より開始する。

これにより、準備に時間がかかるデータベース構築や、人手がかかるデータベース監視・運用の手間を省くことが可能だ。また、クラウドネイティブなアプリケーションとの連携が容易になる。

GridDB Cloudは、GridDBがオンプレミスで提供してきた高い性能や安全性を担保しつつ、パブリッククラウド上のマネージドサービスとして提供される。

GridDB Cloudの特長

クラウドマネージドサービス

  • 規模や用途に応じた6つのモデルの中から適切なものを選ぶことで、迅速にサービスを開始することができる。
  • サービス開始後にデータが増えたときは、モデルを変更したり、サーバーやストレージを追加することで拡張が可能。
  • データベースの運用・監視も東芝デジタルソリューションズが一括して行う。

クラウドネイティブアプリとの連携

  • クラウドネイティブなアプリケーションやパブリッククラウドが提供する様々なマネージドサービスから、JDBCやWebAPIを介してGridDBを呼び出し、操作することができる。
  • アプリケーションをGridDB Cloudと同じパブリッククラウドに配置することで、オンプレミスと同様な高速アクセスが可能。

データ収集やデータの見える化機能

  • IoT機器などからの時系列データをリアルタイム登録するために、FluentdやAzure IoT Edgeとの連携が可能。
  • 既存のデータを一括して登録(バッチ登録)する場合は、Embulkを使用することができる。
  • GridDB Cloudの運用ツールを使って、登録されたデータをグラフ表示することができ、ユーザがデータを自由に可視化したい場合にはGrafanaとの連携が可能。