TEDとYE DIGITAL、AI画像判定を容易に開発できるオンプレミス検証用ワークステーション「MMEye Box」を販売開始

現在、画像検査を導入している企業は、対象物の良否判定基準が曖昧で作業者に依存するところが多く、均質化、精度バラツキ、将来の検査人員不足といった課題を抱え、画像検査の合否判定のシステム化が難しく人手に頼る検査を行っているのが現実である。

東京エレクトロン デバイス株式会社と株式会社YE DIGITALは販売取引契約を締結し、AI画像判定検証をクラウドに持ち出さずに自社で開発できる、オンプレミス検証用ワークステーション「MMEye Box」を販売開始した。

MMEye Boxは、YE DIGITALが開発したAI独自アルゴリズムである「MMEye」を搭載したアプライアンス製品(DELL製ワークステーションPrecision3640)で、AI画像判定のシステム化を導入検討している企業が、AIや画像処理の専門知識がなくてもパソコン画面上で何回でも容易に検証作業を行い、自社で合否判定システム化開発ができる、オンプレミス検証用ワークステーションである。

また、データを社外(クラウド)に持ち出すことなく、自社内の閉じたネットワーク環境で情報システムを構築、運用できるため、セキュアにサービスを利用することができる。さらに、判別モデル作成に回数制限がなく、多様な視点で検証可能である上、複数対象物の検証が可能だ。
TEDとYE DIGITAL、AI画像判定を容易に開発できるオンプレミス検証用ワークステーション「MMEye Box」を販売開始
MMEye Boxで得られた検証結果を目視検査工程にフィードバックすることにより、検査工程の自動化、検査品質向上、時間短縮、人手不足などの課題を解決し、AI画像判定システム化を支援する。

MMEye Boxの価格は480万円/台である。なお、月額費用を抑えたリース会社でのリース契約も可能とのことだ。