KDDIとオプティム、AIとIoT活用のDX支援商品やビジネスモデル企画で企業のDXを支援する合弁会社「DXGoGo」を設立

近年、企業の規模や産業を問わず、デジタル技術を活用して生産性向上や事業変革、デジタルイノベーションを行うことが求められており、多くの企業がDXの取り組みを始めている。

そうした中、KDDI株式会社と株式会社オプティムは、合弁会社「DXGoGo(ディーエックスゴーゴー)株式会社」を2021年5月(予定)に設立することを発表した。

DXGoGoでは、AIやIoTなどを活用した商品・サービスの企画を通じて企業のDXを支援するほか、デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの企画と事業化を行う。

KDDIとオプティムは、以前よりスマートデバイス管理サービスを通じて協業しており、その領域を拡大させていくという。

また両社は、KDDIの通信技術やオプティムのデジタル技術を活用したビジネス開発など、両社の強みを活かして社会や企業のDXに貢献していく、としている。