CAC、検温業務の負荷を下げる「顔認識機能付き異常体表温スクリーニングアプリケーション」の導入効果を発表

株式会社CACは、個々の検温チェックが行える「顔認識機能付き異常体表温スクリーニングアプリケーション」を三井物産グローバルロジスティクス株式会社(以下、MGL)に2020年11月より導入しており、その効果について発表した。

同アプリケーション導入前MGLでは、毎日フリアーシステムズ(FLIR Systems)のサーモグラフィカメラを使用して検温チェックを実施していたが、必ずMGLの社員が立ち会う必要があった。また、対象者の体温異常が検知された場合には、都度その場で対応をする必要があり、社員にとって業務負荷は高かった。

さらに、毎朝一定の時間に大勢の従業員が出社するため、従業員ごとの検温結果の把握や測定時間の記録が困難で、不測の事態が発生した場合の状況把握には課題があった。

そこで、2~300名程の従業員を対象に、出社時および休憩時間にも従業員が通る場所に同アプリケーションを設置し、1日数回の検温が実施された。

以下が、同アプリケーション導入により得られた効果だ。

アプリケーション導入の効果

業務負荷の低減

サイバーリンク社のAI顔認識エンジン「FaceMe」を活用することにより、従業員がサーモグラフィカメラの前で立ち止まることなく個々の体表温測定が行える。これにより、業務負荷が低減され、従業員ごとの日々の体表温測定と測定結果の記録も実現。また、従業員の多くを占めるパートタイマーやアルバイトの入れ替わりに対応できるよう、簡単にユーザー登録・削除ができる。

異常体表温検出時の対応を容易に

異常な体表温を測定した際はディスプレイ上の表示と音により警告を行い、当該従業員に接触型体温計による二次検査の実施を促す。また、メールでのアラート機能で通知するため、異常体表温検出時の対応が容易になった。

体表温測定の精度向上

体温に近いと考えられる顔の額付近の体表温だけを測定しているため、精度が高い体表温測定を実現。これにより、例えば熱い飲み物を持っていた場合などの誤検知を防止している。