PFNが物流ソリューション事業を開始、深層学習を活用した荷下ろしロボット用コントローラーを提供

物流現場では作業効率の改善、労働力不足への対応が急務となっており、ロボットをはじめとするテクノロジー投資を行う企業が増えている。しかし、物流現場で求められるロボットの機能への要求水準は高く、さらに導入までに時間がかかることが課題となっている。

そこで株式会社Preferred Networks(以下、PFN)は、物流ソリューション事業を開始し、第一弾としてデパレタイジング(荷下ろし)ロボット用のコントローラーの提供を発表した。

今回発表されたコントローラーは、深層学習による高精度な認識技術とロボット制御技術により、事前のデータ登録なしで多種多様な段ボール箱を認識し、ロボットアームの最適な動作計画を自動生成する。

PFN、物流の課題解決へ向けデパレタイジングロボット用のコントローラーの提供を発表
同コントローラーによる段ボール箱の画像認識結果(色のついた部分)

物流事業者やシステムインテグレーターは、同コントローラーを組み込むことで、現場固有のニーズに合わせた柔軟なデパレタイジングシステムを比較的短期間で開発、導入することが可能となる。

またPFNは、物流現場でのロボットの普及を目指して「PFNロジスティクスパートナープログラム」を開始した。このプログラムでは、開発したデパレタイジングロボット用コントローラー等を用いた物流システムの開発、導入を共に進める物流事業者やSIerを募集する。

既に最初のパートナーとして、株式会社PALとインテグレーションパートナー契約を締結し、デパレタイジングシステムの開発ならびに複数現場へのソリューションの導入を共同で進めている。