NTTデータ、AR作業支援プラットフォーム「WorkLink」を活用した3Dマニュアルによる現場作業支援サービスを開始

昨今、作業現場の遠隔作業や遠隔監視体制の実現、作業前の遠隔トレーニングの必要性が高まっている。

そうした中、株式会社NTTデータは、米国Scope AR社の「WorkLink」を活用したAR作業支援サービスを2021年5月28日より提供開始する。

WorkLinkは、ARにより作業対象機器に3Dアニメーションによる作業手順を重ね合わせ、「3Dマニュアル」を表示することができるプラットフォームだ。また、現場作業者と遠隔地の有識者をリアルタイム接続し、音声と映像だけでなく、3DマニュアルやARアノテーションを用いてより直感的な作業指示の併用や作業履歴の記録なども可能だ。そして、実際に作業対象機器が無い場所でも3Dモデルを活用したトレーニングをすることができる。

NTTデータ、AR作業支援プラットフォーム「WorkLink」を活用した3Dマニュアルによる現場作業支援サービスを開始
「WorkLink」サービス概要

NTTデータでは、このWorkLinkの販売をはじめ、顧客が保有する製品マニュアルやメンテナンス手順書を元に、WorkLink用3Dマニュアルの作成を行う。3D CADデータがない場合においても、作業対象機器スキャンによる3Dマニュアルへの取り込みや、既存マニュアルでは表現できない3Dアニメーションによる作業手順の追加実装などの支援を行う。

また、3Dマニュアル作成時間削減のため、NTTデータが提供する文書読解AIソリューション「LITRON」およびRPAツールとの連携により、顧客が利用中のマニュアルからテキストデータおよび知識を自動抽出することができる。実際に「LITRON」を活用した実証では、3Dマニュアルの作成時間を最大90%削減することができたという。

他にも、WorkLinkと他システムを連携させることで、現場作業や管理の支援を行う。例えば、ITシステム運用やフィールド作業などで発生するさまざまな情報・業務の管理プラットフォームであるServiceNowと連携させた場合、割り当てられた現場作業のタスクに応じてWorkLink内の適切な3Dマニュアルを呼び出したり、WorkLinkに記録された作業者や作業に要した時間などのデータを、ServiceNowに蓄積・分析を行うことができる。