パナソニック、BIM用リアルタイム照明シミュレーションソフト「Lightning Flow」の本格展開を開始

3Dデータ上で建築物を設計するBIM(Building Information Modeling)は日々進化しており、昨今では3Dデータ内を移動しながら各所を確認する「ビジュアライゼーション」や、目に見えない気流のシミュレーションなど、様々な用途に活用されている。

一方、照明設計(※)においては光の反射や光色の影響など、配置された光源と周囲の物体が複雑に影響しあうため、正確な見え方の再現が難しく、照明を配置するたびに膨大なデータ処理時間がかかるなど、効率的な作業ができていないのが現状である。

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ(以下、パナソニック)は、BIMの3Dデータ上で照明のシミュレーションなどを高速に行えるフリーソフトウェア「Lightning Flow」を2021年6月21日にアップデートし本格展開することを発表した。同ソフトウェアは、2021年3月31日よりパナソニックのホームページ上に試験的に公開しており、今回のアップデートにより、照明設計の業務に本格的に使用可能になる。

Lightning Flowは独自開発した高速相互反射計算システムにより、BIMの3Dデータ上に配置した照明の光の効果を瞬時に反映、確認できるソフトウェアである。詳しい特長は以下の通り。

  • 照明器具や太陽の光の影響を3Dデータ上に瞬時に反映し、確認・調整が可能
  • 3Dデータ上で照明の効果を確認する場合、光の反射や光色の影響など、配置された光源と周囲の物体が複雑に影響しあうため、正確な見え方の再現が難しく、照明を配置するたびに膨大なデータ処理時間がかかるなど、効率的な作業ができていないのが現状である。

    Lightning Flowは、パナソニックの照明器具を3Dデータ上の任意の位置に配置し、照明器具の明るさや反射、太陽光の影響などを瞬時に確認しながら調整できる。今回のアップデートにより、Lightning Flowに最適化した約2万種のパナソニックの照明器具データを活用でき、完成時の具体的なイメージを視覚的に確認しながら、より精度の高い照明設計が短時間で可能になる。パナソニック、BIM用リアルタイム照明シミュレーションソフト「Lightning Flow」の本格展開を開始

  • BIM用ソフトウェア「Revit」やパナソニックの照明設計用ソフトウェアと連携し、効率的な設計が可能
  • BIM用ソフトウェアとして普及しているオートデスクの「Revit」と連携しており、Revitで作成したBIMデータをLightning Flow上で確認、調整し、その内容を再度Revitのデータに反映できる。

    また、今回のアップデートにより、平面図上に照明器具を効率的に配置できる「ルミナスプランナー」との相互連携が可能となる。これにより、Revitで作成したBIMデータにルミナスプランナーでパナソニックの照明器具を一括配置し、Lightning Flowでイメージの確認、調整を行うといった効率的な照明設計が可能となる。パナソニック、BIM用リアルタイム照明シミュレーションソフト「Lightning Flow」の本格展開を開始

  • 3Dデータ内を移動しながらの完成イメージ確認や動画共有で素早い合意形成をサポート
  • 照明設計において完成時のイメージを共有し、関係者と合意形成をすることは非常に重要である。一方で、従来完成イメージを視覚的に共有するためには、個別にパース図を作成するなど、多くの手間とコストが必要だった。Lightning Flowは作成した3Dデータ内を移動しながら気になる箇所を確認でき、その様子を動画として出力することも可能で、素早い合意形成をサポートする。

※ 照明設計:施設の使用目的や環境などに合わせて、配置する照明の種類、明るさ、台数などを計画・デザインすること。主に、照明デザイナーや建築設計者などが実施する。