マクニカとCleanwattsが脱炭素社会を目指し提携、エネルギー管理システム「Kisense」を提供開始

昨今、温暖化問題が顕在化する中、脱炭素社会の実現へ向け、再生可能エネルギーの自家発電の需要が高まっている。

そうした中、株式会社マクニカは、Cleanwatts.Ldaの販売代理店として合意し、日本をはじめとするアジア市場での、エネルギー管理システム「Kisense(キーセンス)」の提供開始を発表した。

Cleanwattsの「Kisense」では、電力、ガス、水、CO2の排出量をリアルタイムに管理し、電気使用量などのレポート取得、リアルタイムのON/OFF制御、ピークカット、過去データとの比較でCO2削減量を可視化、設備異常の早期検知などを行うことができる。これにより、運用コスト、電力使用量を削減し、再生可能エネルギーの自家発電、自家消費比率を高めることが可能となる。