KDDI、カメラ側でAI解析を行い送信データ量を削減する「エッジAIカメラパッケージ」を提供

小売店舗、商業施設、公共施設などにおいて、業務効率化や売り上げ増を目的にAIカメラを導入する際、クラウド側でAI解析を行なうと、カメラで撮影した画像をそのままクラウドに転送するため通信量が増加し、かえってコスト増となるケースがある。

そこでKDDIは、Idein株式会社との共同開発により、カメラで撮影した映像データをカメラ内でAI解析し、必要な情報だけを収集することが可能なKDDI IoTクラウドStandard「エッジAIカメラパッケージ」を2021年6月9日から提供開始する。

「エッジAIカメラパッケージ」は、カメラ側でAI解析を行い、必要なテキストデータだけをクラウドに送る。画像データはカメラ内で削除されるため、プライバシーに配慮した設計となっている。

また、SIM内蔵の解析サーバー一体型の小型カメラとクラウドがセットとなったサービスのため、容易に導入することができる。

さらに、複数店舗や施設の来店状況、利用者の年代、性別情報など、ニーズに合わせた解析が可能なため、最適な広告の検討や、従業員のシフトの見直し、施設のレイアウト改善などに活用することができる。

利用可能なAIは汎用AI4種類で、属性検知、出入り検知、表情解析、人数カウントとなっている。

KDDI、カメラ側でAI解析を行い送信データ量を削減する「エッジAIカメラパッケージ」を提供