三菱電機、「三菱インフラモニタリングシステム」に小径トンネル計測・全方位撮影サービスを追加

三菱電機株式会社は、鉄道や道路などのインフラ状況を、車両で走行しながら高精度に計測・解析する「三菱インフラモニタリングシステム(MMSD)」を用いたサービスに、新たに鉄道分野向けの小径トンネル計測サービスと道路分野向けの全方位撮影サービスを追加し、6月28日から提供を開始する。

鉄道の小径トンネル計測は、低床台車に車両から分離できるコンテナ型の計測システム(MMSDⅢ)を新たに搭載して計測を行う。

三菱電機、「三菱インフラモニタリングシステム」に小径トンネル計測・全方位撮影サービスを追加
小径トンネル対応コンテナ型計測システム(MMSD III) 左上:車両搭載状態 右下:計測システム部

また、従来の計測システム(MMSDⅠ)に360°カメラを搭載し、3次元点群データだけでは判別できない対象物を可視化する。(トップ画参照)

鉄道分野向け新サービスの特長

コンテナ型の計測システムの導入

計測システムを車両から分離して低床台車などに搭載し、計測時の地上高を抑えることで小径トンネル(高さ3,100mm程度)の計測にも対応。

前進・後進両方向での走行計測

前進走行時だけでなく後進走行時でも計測可能とすることで、計測車両の転回作業を不要とする。

道路分野向け新サービスの特長

全方位画像データと3次元点群データの活用

360°カメラによる道路沿線の全方位画像と高密度レーザー計測による3次元点群データを同時に取得することで、法面の状態や設備の位置などの詳細確認が可能。