Momo、太陽光駆動で電源の確保が難しい圃場でも活用できるゲートウェイ「AgriPalette NEXT」を発売

企業:

株式会社Momoは、土壌、大気、日照量のデータをセンサーで取得し、ゲートウェイを通じて記録、アプリで可視化するセンサーシステム「Agri Palette(アグリパレット)」と、複数農家の圃場の管理が行える「Agri Palette With(アグリパレット ウィズ)」の提供を行っている。

そして本日、新たな製品群として、太陽光駆動で利用することができるソーラー型ゲートウェイ「AgriPalette NEXT」の販売開始を発表した。

ゲートウェイは常時データを受信する必要があるが、日本全国の耕地(畑)のうち、電源が容易に確保できる圃場の割合は5%に満たないという。

そこで実際に、「Agri Palette With」を導入している電源の確保が難しい圃場にて、ゲートウェイをソーラー化する実証実験を行い、実用化に至った。

なお、「AgriPalette NEXT」は、「AgriPalette」のセンサーを自由に組み合わせて使用することができる。

Momo、太陽光駆動で電源の確保が難しい圃場でも活用できるゲートウェイ「AgriPalette NEXT」を発売
「Agri Palette」の概要図。今回ゲートウェイ部分がソーラー駆動となった。