ソニーネットワークコミュニケーションズ、ヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE」をAPIで提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、ヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE」において、食事解析・アドバイス機能のAPI形式での提供を開始した。

X.SINCEは、食事・運動・美容・睡眠などヘルスケア領域における、効率的なサービス開発や立ち上げを支援するヘルスケアサービスプラットフォームである。X.SINCEを利用する企業は、自社サービスの開発において機能やデザインをカスタマイズできるほか、ソニーのAI技術を活かした食事画像解析などの機能を組み込むことで、より高品質なサービスを早期に立ち上げることができるという。

今回、X.SINCEの基本機能である、食事画像解析判定・食事キーワード検索・食事記録・食事栄養素解析(栄養素毎の摂取基準値からの過不足を解析)と、オプション機能であるアドバイスコメント提示・レコメンド情報提示をWeb API形式で提供開始したことにより、既にヘルスケア関連のアプリを運営している企業も、自社アプリへ短期間で新たな機能を付加することができる。

また、各企業が提供するアプリやサービスに合わせて、様々なカスタマイズをすることも可能だ。例えば、記録された食事内容に基づき、独自のアドバイスコメントをユーザーへ発信することや、自社の商品やレシピを提案することなどが可能なため、各企業の持つコンテンツを活かした独自性のあるサービスを実現する。

さらに、重要視したい栄養素を指定することが可能なほか、標準データベースに自社製品の食品データを追加で登録することが可能だ。

ソニーネットワークコミュニケーションズ、ヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE」をAPIで提供開始
解析結果イメージ