三井物産とソニー、ダイナミック周波数共用システムをスタンドアローン方式の5G環境下で動作させることに成功

昨今、データトラフィックは増加し続けている一方で、周波数資源は有限であり、その逼迫が課題だ。そこで、周波数帯ごとにそれぞれ管理されていた電波を、データベースで一元管理し、最適に割当てるダイナミック周波数共用技術(Dynamic Spectrum Access:DSA)に注目が集まっている。

そうした中、三井物産株式会社とソニーグループ株式会社は、ソニーの保有するDSAを、独立した5Gコアネットワークにより5G基地局を動作させる方式である、スタンドアローン方式の5G環境下において動作させることに成功したことを発表した。

三井物産とソニー、ダイナミック周波数共用システムをスタンドアローン方式の5G環境下で動作させることに成功
ダイナミック周波数共用技術(DSA)の活用イメージ。

これに合わせ、三井物産とソニーは、同技術を活用した周波数資源活用にかかる事業化検討の覚書を締結した。