MODE、MODE IoTプラットフォームの時系列データベースにアラート機能を追加

MODE, Inc.は、MODE IoTプラットフォームの時系列データベースの新バージョンを提供開始した。

新バージョンでは、計測されているデータをモニタリングし業務システムやコミュニケーションツールに通知ができる機能が追加された。MODEシステムの中核であるMODE IoTプラットフォームにアラート機能が追加されたことで、多くのIoTシステムで広く必要となるアラート機能を業務アプリケーションで企業が独自にシステムを構築する必要がなくなり、設計開発のコストの削減と本番稼働時の運用コストの削減に繋がる。以下は、アラート設定の一例である。

  • 業務アプリケーション内の画面表示
  • メールによる通知
  • 企業の社内システムとの連携
  • LINEやslack、Chatworkなどのコミュニケーションツールへの通知
MODE、MODE IoTプラットフォームの時系列データベースにアラート機能を追加
MODEセンサークラウドにおけるアラート機能実装イメージ図。データ監視機能をフロントエンドのみの開発で実現。