相模石油・シャープなど、3D-LiDARを活用したコインパーキング「ダイレクトパーク夕陽ケ丘」を開設

コロナ禍により、コインパーキング業界も大きな影響を受けている。

相模石油株式会社とシャープマーケティングジャパン株式会社、株式会社ベネ・エルヨンは、ユーザビリティ向上・開設コスト削減・自動運転車への対応を実現するべく、3D-LiDARを活用した新しいコインパーキング「ダイレクトパーク夕陽ケ丘」を2021年8月27日にオープンする。

3D-LiDARは、自動運転レベル3・4用に設計開発されたLiDARセンサーで、太陽光や気象条件に対して耐性があり、最大260メートルの距離で3次元点群から、普通車・大型車両、大型バス、通行人、自転車などをオブジェクト検出、分類、追跡が可能だ。これにより、例えば駐車場内の満空管理や通行、車両誘導管理(渋滞状況把握)などに利用できる。

今回オープンしたダイレクトパーク夕陽ケ丘は、3D-LiDARで入出庫管理を行う事でロック板が不要になり、ユーザーが駐車する際のロック板の乗り越えが無くなるため、駐車しやすくなる。また、3D-LiDAR1台で5~10台(駐車場レイアウトにより変動)の入出庫を管理する事が出来る為、ロック板設置よりも開設コストの削減を実現する。

将来的には、自動運転車にそのコインパーキングの3Dマップ・3Dの満空情報を提供する事で、家の駐車場からコインパーキングの駐車スペースまで自動運転での移動の完結を目指すとしている。
相模石油・シャープなど、3D-LiDARを活用したコインパーキング「ダイレクトパーク夕陽ケ丘」を開設

相模石油・シャープなど、3D-LiDARを活用したコインパーキング「ダイレクトパーク夕陽ケ丘」を開設