パナソニック、自律搬送ロボット「HOSPI(R)」が新JIS規格に基づく認証を取得

パナソニック株式会社は、2016年4月20日付で、自律搬送ロボット「HOSPI(ホスピ)(R)」について、生活支援ロボットの安全性に関するJIS規格に基づく認証を取得した。

同認証は、一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)が生活支援ロボットの安全性に関して新規に発行されたJIS規格「JIS B 8445」および「JIS B 8446」(※1)に基づいて、パナソニックの自律搬送ロボット「HOSPI(R)」の安全性を評価し、認証したものだ。また、今回の認証では、生活支援ロボットの安全性に関する国際標準規格である「ISO13482」も同時に取得している。

 

「HOSPI(R)」は、例えば、病院でスタッフに代わって薬剤や検体を搬送するなど、人の代わりに搬送作業を行う自律搬送ロボット。

予め記憶した地図情報に基づき、センサーによって環境を認識しながら走行するため、従来の搬送設備のような壁・天井内への埋め込み工事や、通路面へのガイドテープの施工が不要となり、目的地やレイアウト変更などにも、容易にかつ低コストで対応することができる。

また、高性能センサーと高度な障害物回避アルゴリズムにより、歩行者や移動環境に存在する様々な障害物にも接触することなく、安全かつ効率的に運用することができる。

 

今回、認証を取得したJIS規格「JIS B 8445:ロボット及びロボティックデバイス-生活支援ロボットの安全要求事項」と「JIS B 8446-1:生活支援ロボットの安全要求事項-第1部:マニピュレータを備えない静的安定移動作業型ロボット」は、2016年4月20日に発行された生活支援ロボットの安全性に関するJIS規格だ。

前者は、国際標準化機構(ISO)から発行されている「ISO 13482 Robots and robotic devices – Safety requirements for personal care robot」の翻訳版であり、後者は、これをベースに世界に先駆けて日本で作成された3つのタイプ別規格群(※2)のひとつ。

「HOSPI(R)」は、今回の認証によって、ロボットの機構や動作などに要求される安全性に関して、世界標準を満足するとともに、タイプ別の基準もクリアしたロボットとなる。

 

※1 JIS B 8445/JIS B 8446:生活支援ロボットの安全性に関するJIS規格。2016年4月20日に発行。
※2 JIS B 8446-1:第1部 マニピュレータを備えない静的安定移動作業型ロボット/JIS B 8446-2:第2部 低出力装着型身体アシストロボット/JIS B 8446-3:第3部 倒立振子制御式搭乗型ロボット

 

【関連リンク】
パナソニック(Panasonic)
ホスピ(HOSPI)
電気安全環境研究所(JET)

Previous

セブン-イレブン、ALSOK・NECと連携し、クラウド型の防犯カメラサービスを導入

デンソー・イーソル・NEC通信システム、車載用電子システムのソフト開発の強化に 向けて合弁会社を設立

Next