凸版印刷とLiberaware、屋内でのドローン活用型ソリューション開発で協業

近年、高まる各業界の省人化・省力化需要により、点検分野をはじめ、物流分野や農業分野など、様々な分野でドローンの活用に注目が高まっている。また、次世代のインフラとして大きな可能性を有する市場のため、ドローンの技術開発・社会実装はハード・ソフト両面の全世界で注目されている。

凸版印刷株式会社と、ドローンを活用した屋内点検サービスを展開する株式会社Liberawareは、2021年8月に資本業務提携契約を締結した。

Liberawareが提供するドローン「IBIS」は、屋外飛行用ドローンに比べ開発が難しい屋内飛行用ドローンで、狭小空間で飛行可能な小型かつ軽量な機体と制御ソフトが特徴である。同提携では、その特徴を活かして、凸版印刷がこれまで実証実験を行ってきた屋内空間データのアーカイブやリッチ化などの設備保守・データ利活用分野を中心に共同研究・開発を行い、従来のサービスにドローンの実装を行う。

また、これまでBPO事業・セキュリティ事業等で培ってきた、凸版印刷が持つ高セキュリティ環境下でのデータ管理ノウハウをLiberawareのサービスと連携し、屋内点検サービスでのオペレーション構築を行う。
凸版印刷とLiberaware、屋内でのドローン活用型ソリューション開発で協業
今後両社は、2023年度までにドローン分野における事業創出を目指す。