菱洋エレクトロとトレンドマイクロ、NVIDIA Jetsonを採用したAIエッジシステム向けセキュリティ製品を販売開始

昨今あらゆる業界において、IoTデバイスやAIエッジコンピューティングデバイスの導入・活用が進んでいる。その反面、サイバー攻撃などのリスクへの対策は十分とは言えない状態での利用も多く、システムの安定稼働において重要な課題となっている。

菱洋エレクトロ株式会社とサイバーセキュリティ会社のトレンドマイクロ株式会社が組込みパートナー契約を締結し、NVIDIAのAIエッジコンピューティングデバイス向けSoC「NVIDIA Jetson」を採用しているAIエッジコンピューティングデバイス向けセキュリティ製品「Trend Micro IoT Security for Jetson」の販売を開始した。

同製品は、トレンドマイクロが開発・販売するIoT機器向けのセキュリティソリューションである。IoTデバイスのシステムにおけるセキュリティリスクを検知・特定し、防御することでシステムを保護する。IoTデバイスに柔軟に組込むことができ、複数機能による多重防御やクラウド監視との連携による迅速な防御を実現する。詳しい機能は以下の通り。

  • リスク検知機能
  • 不正Webサイト(C&Cサーバ)への接続やリスクの高いIoT端末からのアクセスをブロックするWeb/IoTレピュテーションサービス
    TMISクラウドにシステムライブラリ情報を保持し継続的に脆弱性をスキャンする。

  • システム保護機能
  • ネットワークからの脆弱性攻撃をブロックする仮想パッチ、登録したアプリケーションや事前に許可されたスクリプトファイル以外の実行を禁止、許可外の改ざんを防止するアプリケーションセーフリスト/スクリプトセーフリストが備わっている。

  • セキュリティインシデント管理機能
  • 稼働中のIoTデバイス群のセキュリティイベントの監視、脅威防御結果について定期的なレポートおよび機器メーカー向けにWeb管理ツールを提供する。