KDDI・埼玉医科大学、健康管理データ流通プラットフォームの構築・活用へ向けコンソーシアムを設立

昨今、データ化された患者個々の生活習慣や日々の生体情報などといった個人のパーソナルヘルスレコードを、医療分野に活用する取り組みは広がりつつある。しかし、標準的に導入できるデータ流通プラットフォームがないことや、データ保護のあり方にも課題が多いことが、医療分野におけるデータ利活用の普及を妨げている。

そうした中、学校法人埼玉医科大学と株式会社KDDI総合研究所は、企業やスタートアップ、学術団体、医療機関などのパートナーと共に、生活者のライフスタイルに合わせた健康管理や保健医療サービスをICT・IoTの利活用により実現することを目指して、2021年10月27日に「ライフコースデザインコンソーシアム」を設立した。

このコンソーシアムでは、M2Mにおける国際標準化団体「oneM2M」が標準化した技術である、利用者自らがデータの提供をコントロールできる機能「PPM」を活用した、国際標準化されたIoTデータ流通プラットフォームを構築し、パーソナルヘルスレコードを地域や医療機関と連携する。

構築された国際標準IoTデータ流通プラットフォームは、埼玉県医療圏での実装され、本人同意のもと、プライバシー保護関連の法制度に対応したダイナミック・コンセントを実装するデータ連携技術の開発と、受容性検証を行う。

また、生活習慣病、介護などの予防・管理・改善に資する最先端技術・デジタルツールを活用した様々な実証実験の実施や、産官学医連携及び異業種のコラボレーションによるデータを利活用したサービスモデルの検討も行われるという。