MRT・MONETなど、車両内で保健指導や受診勧奨を行う「オンデマンド医療MaaS」の実証実験を実施

三重県の6町(大台町、多気町、明和町、度会町、大紀町、紀北町)では、人口減少、高齢化、医療へのアクセス難、医療費増大、医療機関の減少、自治体の財政圧迫など、共通の地域課題が存在している。

そこでMRT株式会社は、MONET Technologies株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社オリエンタルコンサルタンツおよび三重広域連携スーパーシティ推進協議会と連携し、三重県の6町にて「オンデマンド医療MaaS」の実証実験を、2021年11月4日から12月27日まで実施することを発表した。

今回の実証実験では6町が連携してマルチタスク車両を運用し、看護師や保健師がマルチタスク車両で患者の自宅を訪問。車両内で保健指導や受診勧奨を行う他、ビデオ通話を用いて病院内の医師によるオンライン診療やオンライン健康相談などを行う。

MRT・MONETなど、車両内で保健指導や受診勧奨を行う「オンデマンド医療MaaS」の実証実験を実施
実証実験で行われるサービス概要図。