MOYAI、Wi-Fi6で通信を行うLED一体型ネットワークカメラ「IoTube model Pro.W6」を発表

株式会社MOYAIは、LED一体型ネットワークカメラ「IoTube model Pro.W6」を開発し、2022年4月より納入開始することを発表した。

「IoTube model Pro.W6」は、Wi-Fi6で通信を行い、カメラセンサー以外に8つのセンサーを標準搭載したマルチIoTデバイスとして、エッジAIとの組み合わせで様々なソリューションの提供が可能だ。

MOYAI、Wi-Fi6で通信を行うLED一体型ネットワークカメラ「IoTube model Pro.W6」を発表
8つのセンサー類が搭載されている。

LED蛍光灯を交換するように取り替え・取り付けが可能で、エッジAI機能を持ち合わせた防犯カメラ及び行動解析デバイスだ。

さらに、4K魚眼カメラセンサーユニットをジョイントし、内蔵されたSIMカードに動画を録画保存、Wi-Fi回線を利用し遠隔地よりリアルタイムストリーミング、双方向通話が可能だ。

MOYAI、Wi-Fi6で通信を行うLED一体型ネットワークカメラ「IoTube model Pro.W6」を発表
ネットワーク構成イメージ。

ユースケースとしては、駅のホームでの転落検知や車椅子・白杖・ベビーカーなどの発見・見守り、アフターコロナに向けた密度計測・マスク判定検知・行動分析、店舗内におけるホットスポット・非購買行動分析・購買視線推定などが想定されている。

「IoTube model Pro.W6」の機能

5つの特徴

  • Wi-Fi6採用で超速通信を実施
  • 1.5GHz×4コアでエッジAIに対応、個人情報にも対応
  • リアルタイムストリーミングに対応
  • マイク&スピーカーを用いた双方向通話にも対応
  • 4Kセンサー+魚眼レンズで後からパンチルズーム対応

標準装備されているセンサー

  • サーモセンサー
  • マイクロフォン
  • スピーカー
  • 煙感知センサー
  • 温湿度センサー
  • 3D加速度センサー
  • BLEビーコン
  • Co2センサー