DMP・マクニカ、低速モビリティ向け自動・自律運転及び安全運転支援において協業を発表

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP)と株式会社マクニカは、低速モビリティ向けの自動・自律運転や安全運転支援分野において、協業することを発表した。

両社は、DMPが保有するAIを活用した自律運転技術及び安全運転支援技術と、マクニカが保有するセンサー、AI半導体並びにデータ収集を含めた実証実験のノウハウや運営力、営業力を組み合わせ、特に低速度領域における自動・自律運転のハードウエア・ソフトウエアのプラットフォームの構築・提供を目指ざすとしている。

具体的には、マクニカが提供する高性能AI半導体、ステレオカメラやLiDARセンサー等の各種センサーやデータプラットフォームと、DMPが開発・提供する自動・自律運転向けソフトウエア「ZIATM MOVE」や、安全運転支援ソフトウエア「ZIATM SAFE」を組み合わせることで、垂直統合型の開発プラットフォーム環境を構築する。

これにより、自動・自律運転や先進安全運転支援における開発プロジェクトの開発工数の低減に貢献し、促進・支援するソリューションの提供を行っていく。

DMP・マクニカ、低速モビリティ向け自動・自律運転及び安全運転支援において協業を発表
低速モビリティ向け自動・自律運転及び安全運転支援ソリューションの概要。

今後こうしたソリューションを、屋内外で低速に走行する車両分野として、倉庫内搬送、農機、建設・ゼネコン、セニアカー等に提供していく予定だ。