アクティオ、地中を掘り進めてパイプを埋設する推進工法における自動測量システム「Pipe Shot」のレンタル開始

従来、人手によるトンネル内の測量では、累積誤差や測量時間の増加が施工管理の大きな負担であり、作業員の高齢化や苦渋作業による人手不足が課題となっている。

そうした中、株式会社アクティオは、掘削機械で地中を掘り進めてパイプを埋設する推進工法における、ICT自動測量システム「Pipe Shot(パイプショット)」の本格稼働を、2021年11月16日より開始することを発表した。

「Pipe Shot」は、立坑の基準点であるヒューム管内の中間点に、アクティオでカスタマイズした専用測量機(トップ画参照)を設置し、掘削機の先端には目標物となるマシンターゲットを取り付けることで測量を可能にする。

また、タブレットPCやスマートフォンに連携することで、高精度な測量が可能だ。

さらに、管内のIoT-BOX付近では、インターネットに接続が可能なため、カメラ画像の送信や音声通話を行うことができる。

アクティオ、地中を掘り進めてパイプを埋設する推進工法における自動測量システム「Pipe Shot」のレンタル開始
「Pipe Shot」の全体概要図。