KDDIとアイデミー、共同で地域のDX人材育成を推進

近年、デジタル技術の導入といったDX推進と、DXを牽引する人材の育成が求められている一方、地域においては、地方企業や自治体のDX人材不足から、デジタル化に着手できないという課題がある。

そうした中、株式会社アイデミーとKDDI株式会社は、地域のDX人材育成に関する業務提携契約を2021年11月24日に締結した。そしてKDDIは、地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業への出資を目的とし、グローバル・ブレイン株式会社が運営する「KDDI Regional Initiatives Fund 1号」を通じて、アイデミーに出資したことを発表した。

両社は今回発表された業務提携により、DX人材育成コンテンツを共同開発し、地域企業に提供する。また、プロジェクトの企画・運用の支援を通じ、地域の企業や自治体と共にDX人材育成を推進していく。

KDDIとアイデミー、共同で地域のDX人材育成を推進
KDDIが目指す地方創生の姿を現した概要図。

さらに、企業のDXを推進するデジタル人材の育成支援を行っているKDDIグループのディジタルグロースアカデミアとも連携する。

なお、アイデミーは、AIを中心とするDX人材育成のためのeラーニングプラットフォーム「Aidemy Business」や、プロジェクトの企画から運用までを支援するプロジェクト伴走型支援サービス「Modeloy」を提供する。