ウェザーニューズ、気象データ提供・分析サービス「WxTech」にて世界の天気予報を5kmメッシュの高解像度で提供開始

株式会社ウェザーニューズは、気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」をグローバルに拡大し、海外ビジネスを展開する企業向けに、5kmメッシュの世界天気予報API(一部地域を除く)の販売を開始した。

今回発表された世界天気予報APIでは、世界の気象機関や独自の数値予測モデルと、AI技術を組み合わせた天気予報を、5kmメッシュの高解像度で提供。世界の1時間ごとの短期予報と、2週間先までの中期予報のデータを提供する。

短期予報では、72時間先までの1時間ごとの天気コード、気温、湿度、降水量、気圧、風向、風速、全天日射量の8要素を取得可能。中期予報では、2週間先までの1日ごとの天気コード、最高気温、最低気温、平均湿度、降水確率、日降水量、日最大風速時の風向、日最大風速、日積算全天日射量を提供する。また、14日先の中期予報についても、5kmメッシュのデータを提供する。

データはクラウドを経由してAPIなどで提供されるため、緯度経度を指定することでデータを取得でき、既存のシステムとの連携も可能だ。これにより、自社システムでの海外天気予報の表示、高度な業務最適化やマーケティング、従業員の安全管理などのユースケースで活用することができる。

ウェザーニューズ、気象データ提供・分析サービス「WxTech」にて世界の天気予報を5kmメッシュの高解像度で提供開始
気象データを企業のシステムと連携し、ビジネスに活用していくイメージ図。

また、世界各国の予測モデルや当社独自の予測モデルを合わせた、70以上の数値予測モデルをAI技術で補正して組み合わせることで、より精度の高い予報を提供する。

今後は、ニーズに合わせて海外向けのデータラインナップを充実させていく、としている。