NTT Comとダッソー・システムズ、3D統合技術を活用しスマートシティを実現するための協業を発表

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、3Dモデリング、シミュレーション、データ解析、コラボレーションといった、3D統合技術を活用したSmart City向けソリューション構築のため、ダッソー・システムズ株式会社と業務提携を締結したことを発表した。

今回発表された業務提携により、NTT Comが持つデータプラットフォーム「Smart Data Platform for City」(以下、「SDPF for City」)と、ダッソー・システムズが持つ「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を連携させ、Smart Cityの実現に向けた取り組みを行なっていく。

具体的には、「SDPF for City」上に収集・蓄積した人流情報や建物情報、エネルギー利用量などを、ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」と連携させ、都市のデータをリアルタイムに可視化し、様々なシナリオのシミュレーションを行う実証実験を行う。

さらに、実証実験の成果を、NTT Comが開設した共創環境「CROSS LAB for Smart City」にて公開し、パートナー企業と共に、都市データを統合することができるプラットフォームの提供に向けた検討を行う。

また、両社は、現在参画している「スマートけいはんなプロジェクト」以外にも、Smart City実現に向けたプロジェクトに参画していく、としている。