CES2022のイノベーションアワードを受賞した韓国の人工知能企業クレオン、日本法人を設立

韓国のディープラーニング映像生成企業、KLleon(クレオン)は、2022年1月に日本法人「株式会社KLleon」を設立することを発表した。

なお、KLleonは、初出展となるCES 2022にて、自社製品のモバイルアプリ「KAMELO(カメロ)」と「KLling(クリング)」、2つの製品がイノベーションアワードを受賞している。

「KAMELO」は、個人向けの映像共有SNSプラットフォームで、写真のみやアプリ内既存コンテンツでの映像制作や、アバターの作成を行うことができる。また、声と口を合成することにより、映像のセリフを変えることもできるアプリだ。

「KLling」はダビングソリューションで、映像の音声が自動的に多言語でダビングされるというものだ。日本のコンテンツが英米圏では英語で、中華圏では中国語に翻訳される。

CES2022のイノベーションアワードを受賞した韓国の人工知能企業クレオン、日本法人を設立
一つの動画から、様々な言語を話している動画を生成することができる。